REACH24H GROUP CONSULTING


| English | Chinese|
 ホーム 中国新化学物質申告

中国新化学物質申告

 

中国環境保護部は2010年1月に第7号令を発表され、 修正版の《新化学物質環境管理弁法》は、2010年10月15日から正式に実施され、現行版(2003年10月15日発効)を廃止されました。

企業の義務

企業が中国国内で生産或いは新化学物質輸入する前に、必ず《新化学物質環境管理弁法》によりIECSC《中国既存化学物質リスト》に含まれていない新化学物質を新化学物質の申告、新化学物質環境管理登記証を受け取ってから、合法的に現地で生産或いは新化学物質の輸入することができます。

申告範囲

《中国既存化学物質リスト》(以下略称《リスト》)に含まれていない新化学物質

  • 生産医薬、農薬、獣薬、化粧品、食品、食品添加剤、飼料添加剤など製品の原料或いは中間体;
  • 表面活性剤、可塑剤、防腐剤、分散剤、難燃剤など特別性能の中間製品或いは製品中に含まれている新化学物質;
  • ポリマー;
  • 物品中の意図的に釈放物質;
  • ほか。

免除物質

  • 既に他の法律法規で管理されている成形品:医薬、農薬、獣薬、化粧品、食品、食品添加物、飼料、飼料添加物、放射性物質、軍需品、火工製品、煙草など;
  • 天然存在の物質;
  • 非営利目的もしくは非意図的に生産された種類: 不純物、副産物、廃棄物等;
  • 他の特殊の種類:合金、非分離的中間体、物品など。

申告主体

  • 国内生産/輸入企業が直接に申告する;
  • 中国に輸出の大陸以外の企業が必ず国内代理人を委託して申告する。

★香港、マカオ&台湾の輸出業社の場合、大陸以外の申告人となります。

申告種類

申告種類

申告条件

科学研究届出申告

Ÿ   科学研究を目的とし、新化学物質の年間生産量または輸入量が0.1トン未満の場合;

Ÿ   中国境内において中国の供試生物を用いて新化学物質の生態毒性学特性の試験を行うために新化学物質の試験サンプルを輸入する場合;

簡易申告

特殊状況4種類:

Ÿ   中間体或いは輸出供給のみ、年生産量や輸入量<1トン/年;

Ÿ   研究開発としての年生産量や輸入量0.1トン以上、1トン以下;

Ÿ   新化学物質単体含量<2%のポリマー或いは低懸念ポリマーに属す(トンネジ無制限);

Ÿ   プロセス及び製品の研究、開発を目的とし、10トン未満/年、但し二年間以内とする。

基本状況1種類:

Ÿ   年生産量或いは輸入量1トン未満;

通常申告

Ÿ   新化学物質年間生産量或いは輸入量1トン以上の場合;

Ÿ   申告物質トン位により、1-10、10-100、100-1000、1000+(トン/年)四つの申告レベルを分かれております。

申告のプロセス

 

申告後の義務

新化学物質は評価後、通常に3種類に分類され:一般種類、危険種類と重要な環境管理種類の新化学物質。国家環境保護部および各地域の環境保護部门は、新化学物質の異なるカテゴリーを差別化管理されていて、新化学物質の登録証を持つ人は、一般的に以下の義務を履行する必要があります:

申告種類

管理種類

管理レベル

申告後の義務

科学研究届出申告

 

専門管理
(二つの要求)

Ÿ   専門的な施設内、専門の作業員の指導で関連規定により作業を行う;

Ÿ   科学研究の新化学物質は科学研究のみ使用、破壊際に危険廃物の規定により処理する。

簡易申告

 

 

年度管理
(二つの要求)

Ÿ   SCCに前年度新化学物質年度報告を提出する;

Ÿ   資料は10年以上を保存する。

通常申告

一般種類

基礎管理
(七つの要求)

  1. 登録证の中にあるリスク管理措置を実行する;
  2. 廃弃物を処分したときは、危険な廃弃物処分规定に基づいて行う;
  3. 使用者のリスク制御能力を评価し、リスク制御のない加工使用者に物质を譲渡しない;
  4. 加工利用者にリスク制御措置、MSDS、分类の结果などに関する情报を伝える;
  5. 新しい物質の危害の特性を発見したとき、直ちにSCCに情報を提出する;
  6. SCCに新化学物質初の活動状況報告表を送る;
  7. 登録証を持つ人は保存材料及び関连活動情报を10年以上保存する;

危険種類

一般管理
(十の要求)

一般的の管理より三つの要求を増加

  1. 前年度新化学物質の状況を報告する;
  2. 物質は《リスト》に入れる前に、SCCに5年の実際活動の報告を提出する;
  3. 《危険化学品安全管理条例》など現行法律、法規の関連規定を従う;

重要な環境管理種類

重点管理
(14個の要求)

危険種類管理より四つの要求を増加

  1. 国内で生産している企業は、生産期間に物質の环境への排出状况を独自で監視したり、或いは他の機構を委託して監視したりすること;   
  2. 異なる加工使用者に物質を移転する度には、适切な保護措置を取り、SCCに移転情报を提出する;
  3. 年度報告には、来年度の生産や輸入計画、そしてリスクコントロール措置の準備状況が含まれている;
  4. 物質登録用途が変更する場合、再申告をする。

監督単位

新化学物質追跡制御検査は管轄区域で可能の生産、加工使用、新化学物質研究する単位及び既に新化学物質登録証を獲得後の五年間の活動の中に、新化学物質の生産、加工使用、輸入移転と研究活動を日常監督管理して、環境保護行政管理部門は新化学物質生産、加工使用、輸入の移転と研究活動を監督管理します。

環境保護部は、新化学物質の監督管理検査を行い、危険な化学物質の生産者、加工使用者、加工使用者の所在地の省級環境保護の主管部門に、監督の通知を送ります。省級環境保護主管部門は管内で新化学物質の監督管理を担当する;市、県の環境保護の主管部門は「属地管理」を担当して、組織的に申告登録調査と追跡制御検査を展開します。

弊社のサービス

  • 法規総合コンサルティングサービス
  • 国内代理人年度サービス
  • 新化学物質更新検索
  • 新化学物質の申告サービス(科学研究届出申告/簡易申告/通常申告)
  • 申告全体方案の制定
  • データ評価/不備分析/データ免除分析
  • 実験室のテスト監理サービス
  • リスク評価報告の作成
  • 主務省庁のコミュニケーション/専門家のコンサルティング
  • 法規の文献および申告材料の翻訳
  • 新化学物質の申告後のメンテナンスサービス
  • 法規教育サービス

弊社の優位性

  • 豊かな経歴:数年間中国新規化学物質管理法の追跡専門的に研究をしています
  • 優れた専門技術の背景:化学、化学工程、生物、薬理、環境などの専門的な背景を持つ中・高級技術者の強力なチームがあります。
  • 国際化サービスの水準:英語、韓国語、日本語、ドイツ語など多様な言語能力の顧客サーヴィスマン、効率的に国際顧客をサービスします。
  • 豊富な蓄積:数年間、グローバル化学品の法規および技術諮問サービスの過程で、豊富な経験を積んできました。
  • 優越の資源:国内外の多くの優秀な研究室と協力して、企業のために専門的に効率的なテストを設計して、優秀なサービスを提供して長年のグローバル化学品の法規の対応及び技術コンサルティングの過程中で豊富な経験を蓄積しました。
  • 良好な関係チャンネル:政府筋および専門家と長期的で友好的なコミュニケーションのチャンネル、サービスの質と効率を著しく向上させます。

 

セミナー情報

東京開催
2018.11.05/08
第二回化学物質管理政策最新動向セミナー【TWN】【KOREA】
 
横浜開催
 2018.05.17‐18
東京開催
2017.08.10 

 ホーム 中国新化学物質申告